施術者紹介

<院長>

 

眞野俊博(まの としひろ)

 

 

1968年  

北海道厚田郡厚田村に生まれる

 

1987年  

北海道立札幌工業高校電気科卒業

 (株)東芝入社、府中工場昇降機電気設計担当課勤務

 

1991年  

会社を退職し、青年海外協力隊に参加。平成3年度1次隊員としてパプア・ニューギニアへ(職種:電気機器)

 

1993年  

帰国

 

1994年  

実家の事情により、家業の農業を継ぐこととなる

 

1995年  

畑の一部を有機栽培に転換する

 

1999年  

徐々に増やしていた有機栽培を、この年はじめて畑全面積(約4.2ヘクタール)でおこなう

 

2001年  

JAS有機認証制度が始まり、全ての畑で有機認証を取得する

 

2007年  

オステオパシーを学ぶため、生産が安定してきていた有機農業を辞めることを決める

 

2008年  

ジャパン・カレッジ・オブ・オステオパシーに入学

 

2009年8月  

ハワイ大学にて解剖実習(担当部位:背部、胸部、腹部、および胸郭・腹腔・骨盤内臓器)をおこなう

 

2010年11月   

ウエストバージニア・オステオパシー医科大学にて解剖実習(担当部位:頚部、上肢、上肢帯)&臨床講義を受講

 

2011年     

ジャパン・カレッジ・オブ・オステオパシー卒業、東京都文京区白山に「白山オステオパシー」を開院、MRO(J)試験合格(2015年7月JOA退会により失効)

 

 

 

ウエストバージニア・オステオパシー医科大学において、「サトル・オステオパシー」の著者、ザッカリー・コモーDOの指導を受けているところ。

 

 

<免許・資格>

 ・第三種電気主任技術者

 ・大型特殊車両免許

 ・四級小型船舶免許

 ・スキューバダイビング ほか

 

 

ジャパン・カレッジ・オブ・オステオパシーでは解剖学、生理学、オステオパシーのテクニックなどをメインに学びました。

 

以下に私が学校で学んだテクニックを挙げます。

 

・直接法

・誇張法

・筋エネルギーテクニック

・カウンターストレイン

・ストラクチュラルテクニック

・内臓マニュピレーション

・頭蓋仙骨療法(CST)

・リンパテクニック

 

 

詳しい内容に関しましてはジャパン・カレッジ・オブ・オステオパシーホームページをご覧ください。


以下は学校の授業以外でセミナーにおいて学んだテクニックです。

 

・スティルテクニック      

(講師:R.V.バスカーク DO)

・靭帯性関節ストレイン

(講師:トーマス.クロウ DO)

 

 

多くのテクニックを学びましたが、現在はA・T・スティルとロバート・フルフォードの著書を調べ、彼ら二人がおこなっていたことを基礎にしてそれに、自分なりに考えた方法を組み合わせて施術を行なっています。

 

また個人的にはエドガー・ケイシーの勧めた、ひまし油しっぷや洗腸などのケイシー療法、マックス・ゲルソンのがん食事療法(ゲルソン療法)などいろいろなことを調べて試してみました。

 

食事に関すること、排泄に関することなど自分自身で効果があると思ったことは、オステオパシー以外でも取り入れていけたらと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

<スタッフ>

 

山中麻衣(やまなか まい) 

MRO(J)

 

 

 

1982年    

神奈川県相模原市に生まれる

 

2006年    

IT企業に入社し、SEとして勤務

 

2009年     

オステオパシーを学ぶため、会社を退職しジャパン・カレッジ・オブ・オステオパシーに入学する

 

2011年     

ウエストバージニア・オステオパシー医科大学にて解剖実習(担当部位:足部) をおこなう

 

2012年       

ジャパン・カレッジ・オブ・オステオパシー卒業、MRO(J)取得

  

2012-2014年6月    

都内オステオパシー施術院勤務

 

2014年7月-    

白山オステオパシー勤務

 

2015年10月   

渋谷区上原に「オステオパシー シルクロ」を開院

 

 

 

 

 

 

現在は毎週日曜日のみ、白山オステオパシーに出勤しております。

 

 

 

 

 

 

 

白山オステオパシー

東京都文京区白山1-31-7鈴木ビル2F

Tel  03-6801-8639(完全予約制)

営業時間  9:00~20:00(最終受付19:00)

毎週水曜日定休日

都営三田線白山駅より徒歩3分

 

 

 

     パソコン版