スティルの虫垂炎に対する見解

前回、A.T.スティルはその生涯に数百例の虫垂炎を外科手術をせずに、オステオパシーの手技だけで治療したと書きましたが、スティルの虫垂炎に対する見解を要約すると、以下のようになります。(スティルの文章にはGOD(神)が頻繁に出てきたり、ややこしい表現が多いのですが、私なりに解釈するとこうなりました。)

 


虫垂炎とは、虫垂への神経系や血管系の障害により虫垂の平滑筋が、 中に入った異物を自らの収縮力によって、外部に排出できない状態になっているもの。

 


スティルが治療していた1800年代後半から1900年代前半にかけては、現在ほど医師の外科手術の技術が高くなかったのか、病気の治療のために手術をして、逆にそれが原因で亡くなる方も多くいたようです。

そのため、他の病院で虫垂炎と診断され手術をするように言われたが、手術するのが嫌でスティルのところを訪れた患者が多くいたようです。

そして、患者への問診と体の検査をすると、あらゆるケースで何かにぶつかったり、落下したり、または緊張によって生じた背骨のいくつかに障害があったことが見つけられたと書いています。

すべての患者が、胸椎、肋骨、腰椎、骨盤などの治療により、回復したそうです。

これは腎臓、胆嚢など他の内臓疾患にも同じことが言えると書いています。

スティルの著書には本当に多くの疾患の治療例が載っていますので、今後私のホームページでも紹介していこうと思っています。